APARTMENT STORE RETRO FURNITURE & CAFE & RENOVATION WORK

APARTMENT STORE が 浜松芳川でオープンしたのが、2004年の1月。

それから 約5年後。

結婚を期に、住居と店舗を一緒に出来ないかと、物件探していた。

とある日に、父に「面白い物件があるぞ」と勧められて、とある物件を内見に。

 

芳川店から、車で5分のところにある「鉄筋コンクリート3階」の建物。

誰も住んでいない雰囲気は、外からでも分かる感じだった。

 

実は、少し前から知っていたこの建物。

外観はすごく好みで、すぐ目に留まった。

1階のガラス越しから中ををのぞいたこともある。

しかし、1階は工場だったのか、荒れ放題な感じで「これは無理だな..」とあきらめた物件だった。

 

 

「まあ、せっかくだしとりあえず見てみよう」ぐらいの軽い感じで内見に来たのだ。

そして、建物内に入るとそこは、想像以上に荒れた空間が広がっていた….

 

 

 

 

 

 

ちょうど良いサイズのミニビル的な建物。外観はカッコいい!

しかし、建物内は???

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、人は住んではいませんが、看板がまだ残っていました。外灯はカッコいい。

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1階は元鉄工場だったそうです。

道具や機械や資材がそのまま放置されています。

5 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ココは事務所として、使っていたみたいです。

壁で区切られています。

7 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8 

 

 

 

 

 

ーーー 2階へ 

 

 

 

 

2.3階は住居だったそう。

まだ、たくさんの私物が散乱しています。

「夜逃げ??」と思うくらい散乱しています。

12 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2階のベランダには「庭」が!

13

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは3階。

15

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1階の裏庭もボロボロ….

10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏庭から2階へ行ける外階段を発見。 これはイイ!

9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに奥はジャングルと化していました….

11

 

 

 

 

 

 



外から見ると、右側がジャングル地帯。

土地はLの形。

1

 

 

 

 

 

やはり、予想通りどうにもならなさそうな内装。

でも、いくつか良い部分も発見!

「カッコいい外観」「エントランスの照明」「階段の丸穴」「裏の外階段」「2階の広いベランダ」。

でも、購入に至るまでの大きなメリットは見つからず…

 

建物的には素敵なんだけど、あの建物すべてを改装すると考えると、あまりの予算と時間と…???

いろんなことが、分からな過ぎて…???

 

と、半年以上悩んでいると、不動産から連絡があり「その後どうですか?」と。

「なかなか難しいですね」と僕が言うと、「今回決まらないと、多分来年には更地なると思います」と不動産。

まあ、それならもうしょうがないなと心で思った。

ちなみに解体費用がどれくらいかかるか聞いてみると500万〜600万円くらいじゃないかという話。

「じゃあ、解体しなければ600万はかからないってことだよな?」

ほぼ断る気持ちになっていたので、ダメモトで「建物そのままで買うなら、その600万円分を値引きしてもらえないか?」と、かなり無茶な話を…

 

 

後日、持ち主さんに交渉してくれた不動産から連絡が来た。

「いいですよ」という返事! おっおっおっ!?

これは、流れが来てる??

 

 

 

それでも、数千万の買物には変わりないので、決め切れずにいた。

 

 

 

親に相談すると、「◯800万円だった売値が  ◯200万円になったんだから、◯000万円になるように、切りよくもう200万円値引きしてしてもらったら」と。なんて大胆で根拠の無い交渉条件!でも、これもダメモトで言ってみることに。

それなら!と、先日「売買時には建物内のゴミ処分はします」と言っていたので、「売買時に、壁床天井も解体してスケルトン状態にしてほしい」という条件も、付けてもらえるか?と、こちらも合わせてダメモトで。

 

 

後日、交渉してくれた不動産から連絡が来た。

 

「いいですよ!」 おおおおっ!!!

 

ここまで「値引き」や「条件」を聞いてくれた持ち主の方に、

「買いません」とはもう言えない。

これは、踏み切るべきだ!と購入を決意!

 

 

購入後、なぜ800万円も値引きしてくれたか聞いてみた。

この建物は、病院などをつくる大きな建設会社がつくったらしく、当時かなりお金をかけて建てたんだそう。

だから、思い入れも強く、できるなら壊したくなかったんだそう。

どうりで、築38年経っていても、建物にヒビが入ってないわけだ。

 

 

 

 

という訳で、はれて購入が決まり、スケルトンにするための解体工事がスタート。

 

これも後から聞いた話。

「スケルトンの為の解体費」と「ゴミ処分費」すべてで、200万円くらいかかったらしい。

800万円も値引きしてもらって、尚かつ200万円の解体費… 

計1000万近く得したってこと!すいません…というか ありがとうございます!

 

解体工事が完了し、再び建物の確認へ。

 

 

 

 

 

1階の工場跡。

工場なので、天井も高く広い空間。

南面はボロボロだが、全面陽が入る。いいぞ。

27 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丸く開いた階段の壁が可愛い。

北面もガラスが多いので、店舗には向いてそう。

28

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2階住居跡。

とりあえずこのフロアはそのまま未改装の予定。

29

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


30

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

31

 

 

 

 


2階ベランダ。

32

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本庭園と灯籠。

いつか何かに使いたい。

33

 

 

 

 

 

 

 

 

 


外階段はいい感じ。

34

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本庭園支える骨組みが多少心細い気が… 結構錆びてます。

だけど、使い方では面白くなりそうな予感。

35

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャングル地帯はすべて伐採。

裏の家が丸見え状態。でもこの平屋の感じ、結構好きかも!

そして、結構庭が広い!

36

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

階段のこの丸い穴のデザイン。やはり素敵。

37

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンクリートの階段。白く塗装するだけでいい感じになりそう。

38

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3階は、住居フロアにする予定。

39

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南側の日当たりがいい!

40

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベランダの見晴らしがイイ!屋上もいけるぞ!

41

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

42

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

43

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流し台は使そうだったので、残してもらいました。

44

 

 

 

 

「これなら、なんとかなりそう!」

最初の内見のときより、イメージが湧きやすい空間になっていて、少しだけホッ。

それでも、まだ不安が多々残っていますが、

この場所が出来ない限り、稼ぎは無いし、夫婦の新しい住まいも無い状態。

毎日、お互い実家から通って、作業するのみ!

 

 

同時に進めていた結婚式も無事に終わり、その1週間後に新婚旅行!! 

ではなく、夫婦2人の改装作業が始まりました。 長い道のりの始まりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、内壁すべてを白く塗ることに。

3階からすべて、高圧洗浄機で、壁.天井を丸洗い。

それから、塗装の下塗り。

55

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天井は、僕が担当。 奥さんは、壁担当です。

57

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ元気です。余裕のピース。

58

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1階の壁と天井が塗り上がってきました。塗装は3回塗り。

少しお店っぽくなってきた感じが…

59

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塗装しただけですが、階段もいい感じに。

この辺りは、奥さん1人でほとんど塗っています。

67

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北側のシルバーのアルミサッシ枠…

65

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サッシ枠は黒く塗装。グッと締まりました。

66

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エントランスの床の製作中。

奥さんも簡単な作業はお手伝い。

68

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南側のサッシ枠やガラスもボロボロ…

上段の波トタンもなんとかしなければ….

61

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

60

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サッシ類の枠は黒く塗装。

波トタンは撤去。 新しく木枠とガラスをはめ込みました。

62

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

汚い引違いのサッシドアは撤去。

新しく木製建具とアンティークドアを取付けました。

63

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

64

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥にトイレ、手前に給湯小屋を製作。

70

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は外階段とベランダ下の塗装。

先に、錆と剥がれた塗装を削り剥がす作業。

53

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

階段とベランダの裏を塗装中。

72

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外壁塗装と足場組みは、知り合いの職人さんに依頼。

45

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

47

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職人さんに、建物の側面にAPARTMENT のロゴをいれてもらいました。

73

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

APARTMENT BLDG!自社ビル!

75

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店らしくなってきました。

104

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お隣さんとの塀も製作。

頂き物の看板をリメイクして、スタンド看板を製作。

128

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もともと付いていた外灯は、カッコいいのでそのまま再利用。

メインドアは、中が良く見えるように、知り合いの職人さんに鉄製枠のガラスドアを製作してもらいました。

レトロなサンゴガラスは、当時のまま。

123

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

芳川店のときの看板もお引越です。

124

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元々付いていた木製ドアは良い感じだったので、ディスプレイに。

125

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分で製作した新しいレジカウンター。

奥はオフィススペースになっています。

126

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レトロな家具雑貨の商品たちが運び込まれ、

良い陽の入る明るいお店に生まれ変わりました!

127

 

 

 

 

これで、1階の家具売場が完成です!

2階は、しばらくスケルトンのまま、家具のストック場所に。

 

 

 

 

 



では、次は3階の住居工事へ。

いよいよ住居の工事が始まります。

76

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3階のプライベートスペースの間取りはこんな感じの予定。

平面図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、壁の塗装から。

その後、床の下地張り。水平レベルを取りながら、下地の板を貼っていきます。

77

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同時に、床下の給排水や電気配線がされていきます。

さすがに、設備関係は知り合いの職人さん依頼。

79

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単な作業なら出来るようになってきました。頑張れー!

78

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は天井。

3階は、日中の温められた屋上の熱も伝わってきてしまうので、

断熱材が天井にしきつめられています。

天井は塗装ができないので、全面にプラスターボードで天井を貼っていきます。

同時に電気配線も行ないます。

82

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

83

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユニットバスが設置され、部屋ごとに間仕切りを立ち上げていきます。

床は「パインの無垢フローリング」を使用。

比較的安価で、何年後かの深みのある使用感が期待できます。

87

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右奥の部屋が寝室。

88

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに疲労困憊のご様子…

84

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2人の軍手

81

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ作業は続きます。

今度は、壁のプラスターボード張り。

コレで各部屋が空間になり、部屋らしくなってきました。

90

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

廊下。

91

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここはトイレ。

右壁はコンクリート壁むき出しでそのまま塗装しただけ。

はつった跡のボコボコがいい感じです。

92

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、パテ作業。

これが本当にしんどい…

ペーパー掛けして、真っ白になりながらの作業でした…

93

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

94

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

95

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、プラスターボード塗装。

コンクリートを塗るより、円滑なためかなり楽。

96

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2〜3回塗装します。

97

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングのドアのスペース。

枠の無いスッキリとしたデザインに。

98

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

102

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ!あと少し!頑張れ!

103

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、そして….  とうとう完成です!!

いざ3階の住居へ!

 

 

階段は塗装しただけですが、いい感じになりました。

120

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レトロな家具が配置され、太陽の陽が入る気持ちいい空間になりました。

106

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

107

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

108

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

109

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家具の中心はやっぱり昭和レトロ。

110

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分でデザインした、結婚式のウェルカムボード。

111

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

112

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチンは、中古の業務用で統一!

113

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷蔵庫も業務用風をセレクト。

114

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようやく夫婦の生活もスタート。

早速、料理してくれています。

115

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングへのガラス戸は、この建物2階で使われていたもの。

引戸だった物を、押し戸として再利用。

引手がそのまま残っています。

119

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各部屋の黒いドアは、自分で製作。

117

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トイレット。シンプルでいい感じ。

116

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脱衣場と洗濯室。洗面は実験室用のシンクを使用。

ミラーは昭和の美容室で使われていたもの。

131

 

 

 

 

 

 

 

これで、ようやくAPARTMENT STORE頭陀寺店がオープンしました。

工事期間は約4ヶ月。

全く稼ぎも無く、毎日この現場に通いながらの夫婦2人で作業の日々。

最初の頃は、先がまったく見えず「終わるのか??」と途方もない先の長さに恐怖を感じ、購入さえ後悔しかけたこともありました。

多分1人では心が折れていたでしょう…

しかし、どうにかこうにか2人でやり遂げる事ができました!

 

これは、まだまだスタートです!

これから、更なる試練が待ち構えているかもしれませんが、2人なら乗り越えられると信じています。