APARTMENT STORE RETRO FURNITURE & CAFE & RENOVATION WORK

今回は製作するのは、APARTMENT の裏庭に倉庫で使用する小屋!

今回は、浜松で活躍する建築ユニット「dajiba」(ダジバ)と一緒に製作することに!

いろいろ提案してくれたプランを、打合せで絞り込み、「予算」「日程」などを考慮して検討!

 

 

今回は「木製運送用パレット」を再利用して小屋をつくることに!

フォークリフトなどで荷運びする際に、必ず荷物の下に引いてあるパレット。

今でもまだありますが、最近はかなりプラスチック製に切り替わってきています。

それで大量のゴミとなった「木製パレット」。

処分されるパレットを無料で譲ってもらい、それをメインの材料として利用する計画。

dajibaの面白いところは、社会で存在価値がなくなったモノを、新しい目線で建築に活かすところ。そしてそれを単純に使わないところ。

沢山のdajibaの仲間たちも参加して、大変な作業をやり遂げてくれました!

 

 

 

 

403architecture [dajiba] ダジバ

dajibaは静岡県の浜松市を拠点に、2011年に彌田徹、辻琢磨、橋本健史の3人で活動開始。

建築から考える「都市への関わり方」を活動テーマにし、一般的な建築設計事務所とは違った目線で建築するユニット。

 

浜松市中区池町222-21 4-E

MAIL :  dajiba@403architecture.com

HP : http://403architecture.tumblr.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは「木製パレット」の調達。

運送会社の協力でパレットを頂けることに。

R0018762

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダジバのメンバーの彌田くん。

R0018761

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽トラックでピストン輸送。

R0019005

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集めたパレットのバラしていく作業。

R0019035

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ幅に加工し、互い違いに連結。「合わせパレット」が出来ていきます。

R0019040

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終的に集めた木製パレットは約80個。

大量の「合わせパレット」が完成。これがどのように小屋になっていくのか!?

R0019061

 

 

 

 

 

 

 

 

小屋を建てるAPARTMENT の裏庭へ移動!

小屋用に土間を打った場所に、組み立てていきます。

ダジバの彌田くんと辻くんが組み上げ方を打合せ中。

ワタクシと弟で、骨組みを製作。

R0019050

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柱も「合わせパレット」で製作!

R0019091

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「合わせパレット」をさらに連結し、「パレットの壁」をつくっていきます。

互い違いにさせて生まれた隙間から、室内照明をつけたときに、光がこぼれます。

R0019094

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R0019095

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

側面は、パレットの端材で「ヨロイ張り」に。

IMGP7839

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダジバの橋本くんが貼っていきます。

R0019124

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全体像が見えてきました。

R0019126

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正面は、雨が入らないように、透明の波トタンが貼られました。

R0019118

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

扉も取付られ完成です!

扉も、家の解体現場で頂いてきたもの。

IMG_4431

 

 

 

 

 

 

 

 

左右の大きな建物に囲まれた平屋感がいい感じ。

dajiba命名「頭陀寺の壁」です。

この倉庫は、食品庫と家具ストック庫として利用しています。

APARTMENT 店内からは、見えない位置に建っているので、ご覧になりたい方はスタッフまで!

IMGP7843