APARTMENT STORE RETRO FURNITURE & CAFE & RENOVATION WORK

2015.08.30


7月の末ごろから、改装工事を開始した磐田天竜でのリノベーションプロジェクト!!

今回は、わりと最近のよくある一軒家の2階建て住宅の1階を「食堂」に改装するというもの!


1階にあるキッチンと車庫を解体して、飲食店のキッチンと客席スペースをつくっていきます。

ここで問題なのが「車庫とキッチンの高低差」。

住宅の基礎の部分と、土台の部分、合わせて60cmの高低差。

コレをどうやって違和感なく、食堂に落とし込めるかも、1つの課題です。




まずは解体!

奥に見えるのが、住宅用キッチンだったところ。手前が車庫スペース。


image

 


















元々のキッチンはこんな感じ!! 最近にキッチンって感じでまだ新しい!

ですが、床洗いなどをする必要があるため、床を1度めくり、コンクリートの土間にする必要があります。

この際に、排水給水の配管を床内に埋込みます。

なので、惜しまれながら解体です….


DSC_2360



 














駐車場はこんな感じ!

DSC_2375
















そして、解体後… 大工工事が始まります!

床全体を上げるとコストがかかるので、車庫部分の1/3のみ床上げ。

これで、エントランスも外と同じ高さで出入りできます。

右側がトイレ。もともと1階のトイレがあった場所。位置は変えずに、反対がにあった入口を手前に変更。

左側は、廊下や階段下収納があったスペースを解体!カウンタースペースに変更です!

コクウ2


















奥のキッチンにタイルが貼られ、ステンレスの換気扇フードや、塗装がされて「キッチン」になってきました!

階段や、トイレの入口周りも、らしくなってきました!

コクウ4
















エントランスは、車庫シャッターで開閉されていた部分に大きな建具が取付られました!

コクウ3
















窓の下に、シブくて可愛いタイルが貼られました!

エントランスのイメージは「昭和な銭湯」をモチーフにしています!

全貌は、ドアが付いてからご紹介します!

コクウ5


















ちなみに、今回の一軒家はこんな感じの建物です!

1階に車庫がある物件を選んだクライアント。

その事で、本来1階にあるであろうお風呂が、もともと2階に。これはかなりのコストダウン物件!
他にも、車庫のシャッターも利用でき、開放的な車庫入口も、建具を入れるだけで、解体もなくエントランスが作れました!

一般的な住宅すぎて、どんなもんかな??と最初は思いましたが、なかなか良き物件です!

DSC_2408








まだ、工事は途中ですが、もう少しで、完成予定です!

完成後、またブログでご紹介いたします!

お楽しみに!